• Komagata Seminar

  • 駒形先生から2年生へのメッセージ

    近年、中国経済の動向が世界の経済を揺さぶるようになっており、中国はもはや好き嫌いで付き合うかどうかを決められる相手ではなくなっています。このため、この巨大な対象のメカニズムをより客観的に把握する必要性が高まっているのですが、客観的把握といっても既存理論から演繹するだけでは不十分だと私は考えます。当ゼミでは、個々のゼミ員が自ら選んだ テーマについて、より多くの情報を自ら集め、事実を積み重ねて考え、論理を導く帰納的方法で、卒業論文を作成することを目指しています。私たちのゼミの目標は、社会に出た後、自分の足で立って歩いていける無形の力をつけることです。それを中国経済の研究を通じて実現しようとしています。私の前任校・獨協大学の天野貞祐初代学長は、『朝日新聞』に掲載された「開学の狙い」のなかで、「大学の人間形成は勉学によるのが本道」であり「学問を媒介とした人間形成が大学の本質でなければならぬ」と述べられました。このゼミの活動は盛りだくさんで多忙な2年間になりますが、みなさんが学問を通じて、全力で頑張る楽しさとすばらしさを知り、それを卒業後の飛躍につなげてくれればと思っています。卒業後の進路が多様なのも特徴の一つです。

    入ゼミ担当者から2年生へのメッセージ

    駒形研究会ホームページへようこそ!私達、駒形研究会は中国経済について経済体制論と開発論の視角から学んでいます。中国経済の教科書をもとに、個人での輪読発表、グループ議論、全体議論というプロセスを経て、物事を経済学的な視点で考えることを身につけます。また、ゼミ員みんなで協力してフィールドワークを行ったり、三田祭論文、学生懸賞論文、インゼミ論文などを作成したりし、社会にでて必要なコミュニケーション能力、情報発信能力、問題解決能力を養うことが出来ます。個人で、チームで多くのことを学べる機会がこのゼミにはあります。駒形先生は規則には厳しいですが、とても面倒見がよく、学問だけでなく人間形成の面においても丁寧に指導してくださります。慶應義塾大学の学生として誇りをもてるような、そんな人間になりましょう。皆さんと共に学べる日を楽しみにしています!

    2019年度試験要項

    募集要項

     

     

    ・A・B日程合わせて10名程度(B日程選考は必ず行います)
    ・他学部生の受け入れ条件は経済学部の学生と同じ。
    ・原則として、4年生の入ゼミは認めない
    ・入ゼミ登録の願書は必ず手書きで書くこと

    A日程

     

    •登録日:経済学部ゼミナール委員会に準ずる

    •志願者集合時間:経済学部ゼミナール委員会に準ずる
    •志願者集合場所:未定

    •試験科目:プレゼンテーション(*注)、面接
    •内容等:プレゼンテーションの内容に関する質疑と志願票(手書き、写真添付)の内容に関する面接により合否を決定します。 

     


    *注:中国、東アジアの経済・産業・政治・社会に関する記事を選び、その記事について分析またはコメントをする。

    (記事は個別の国・地域を扱うものでも、複数の国・地域にまたがる広域的内容でもよい)。

    報告レジュメは自分の分を除き複数部(未定)(プレゼン資料はパワーポイントかワード。印刷して記事原本のコピーとホチキスでとめて提出)、当日持参すること(必ず記事原文を添付すること)。

    プレゼンテーションの時間は5分。

     

    ※試験当日はプロジェクター及びパソコンは使用できません(パワーポイント投影不可)。


    •レポート:なし
    •成績表コピー:なし

    B日程

     

    •登録日:経済学部ゼミナール委員会に準ずる

    •志願者集合時間: 経済学部ゼミナール委員会に準ずる
    •志願者集合場所: 未定
    •試験科目:プレゼンテーション(*注)、面接
    •内容等:プレゼンテーションの内容に関する質疑と志願票(手書き、写真添付)の内容に関する面接により合否を決定します。

     

     
    *注:中国、東アジアの経済・産業・政治・社会に関する記事を選び、その記事について分析またはコメントをする。

    (記事は個別の国・地域を扱うものでも、複数の国・地域にまたがる広域的内容でもよい)。

    報告レジュメは自分の分を除き複数部(未定)(プレゼン資料はパワーポイントかワード。印刷して記事原本のコピーとホチキスでとめて提出)、当日持参すること(必ず記事原文を添付すること)。

    プレゼンテーションの時間は5分。

     

     

    ※試験当日はプロジェクター及びパソコンは使用できません(パワーポイント投影不可)。


    •レポート:なし
    •成績表コピー:なし